柴犬

ここまで全て洋犬でしたが、満を持して和犬の登場です。近年日本だけでなく海外でも大人気の柴犬は、やはり和犬らしく日本の気候に適しているのでとても飼いやすい犬種です。主人に忠実で頭もよく、よきパートナーになること間違いなしです。厚みのある耳とくるんと巻いたシッポ、がっしりとした脚が非常に愛らしく、最近では日本でもその良さが再認識され始めています。

柴犬について

柴犬は日本古来の小型犬です。日本原産の犬種の中では最古の犬と言われていて、国の天然記念物にも指定されています。日本犬の中では飼育頭数が最も多く、日本犬の代表格となっています。小型犬に分類されていますが、洋犬の中では中型犬に分類されるビーグル犬などとほぼ同じ体の大きさであるため、ペットホテルやペットサロンなどでは中型犬に分類されることも多いです。「柴犬」という名前は中央高地で使われていたもので、由来には諸説があり、「柴藪を巧みに潜り抜けて猟を助けることから」、「赤褐色の毛色が枯れ柴に似ていることから」、「小さなものを表す古語の“柴”から」という3つの説が代表的です。遺伝的には古くからの血を受け継ぐ現存古代犬種の一つで、南方から日本に渡ってきた人々とともに日本に来たと考えられています。縄文時代から人間と狩猟をしたりして、生活をともにしてきたと考えられていて、縄文時代の貝塚などの遺跡からはこれまでに犬の骨が200点以上出土しています。縄文柴犬と呼ばれるこれらの犬たちには、人の手によって埋葬されたと思われるものが多く、さらにその中には人とともに埋められたものもあります。このことから、この時代から柴犬は人々の生活の中で愛されてきたことが窺えます。昔から本州各地で飼われ、古くから、ヤマドリ・キジなどの鳥やウサギなどの小動物の狩猟、およびそれに伴う諸作業に用いられてきました。信州の川上犬、保科犬、戸隠犬、美濃の美濃柴、山陰の石州犬や因幡犬など、分布地域によっていくつかのグループに細分されていました。第二次世界大戦後の食糧難の時代や、その後1952年に犬ジステンパーが流行したことによって頭数が激減したこともありました。現在では、日本の気候や風土にあった体質・体格から、家庭犬として広く飼育されていて、アメリカを中心とした海外でも人気が高まっています。

身体の特徴

高温多湿の夏、寒さの厳しい冬を持つ日本の気候に適した、非常に丈夫な身体を持っています。オスの体高は38㎝~41㎝、メスは35㎝~38㎝と身体は小さいですが、しっかりとした骨格に逞しい筋肉が付いていて、動きも俊敏です。耳は短く厚みがあってピンと立っており、くるんとした巻しっぽが特徴的です。しっぽの形は個体によっていろいろで、左巻き・右巻き・さし尾など様々なしっぽがあります。被毛は柔らかい下毛と固めの上毛のダブルコートで、全体的に毛は短く、しっぽの毛だけはやや長く伸びています。年に2回、毛の生え替わり時期があります。毛色は赤・胡麻・黒・白・黒ゴマ・赤ゴマ・黒褐色などがあります。素朴で小柄な見た目と、豊かな表情が人気です。

性格

日本犬らしく、飼い主に忠実で従順な性格をしています。忠誠心が強いので、家族以外の人や動物にはあまり懐きません。そのため番犬として飼われていることも多いようです。ですが、内面は非常に穏やかで優しい愛情あふれる犬種で、飼い主が愛情をもって接すればとてもよいパートナーとなります。素朴で賢く、無駄に吠えることもしないので、日本の集合住宅などでも飼いやすいと思います。個体によって性格に差が出やすい犬種でもあり、人見知りだったり頑固だったりする場合もあります。幼少期から様々な人や犬と触れ合わせて社会性を身に着けさせると良いでしょう。賢い犬種なので、自分よりも下と認識されるとコントロールできなくなるので、小さい頃からきちんと向き合ってしつけしましょう。日本犬ならではの適度な自立性があり、長時間のお留守番でもストレスを感じ難いです。

飼うときの注意

日頃のお手入れ

柴犬は被毛が短く硬いので、お手入れはそれほど難しくありません。毛の量もそれほど多くないので、獣毛ブラシで毎日ブラッシングすれば大丈夫です。毛の生え替わりの時期は年に2回ありますが、いつもより入念にブラッシングしてあげましょう。月に1回程度、硬く絞ったタオルで体全体を拭いたり、シャンプーを使わずにぬるめのシャワーで汚れを流してあげるといいと思います。シャワーを使った場合は、タオルでしっかりと水気を拭き取り、ドライヤーで十分に乾かしてください。非常に綺麗好きな犬なので、自分の周りを汚すことは滅多にありません。活発で俊敏な性格なので、毎日の運動は欠かさず行いましょう。1日30分程度の散歩や運動を2回程行うといいです。その他に自転車で並走させたり、公園で走り回ってもいいですね。かなりの体力があるので、疲れずに楽しく遊びます。

気を付ける病気

日本の気候に適している体質なため、寒さにも暑さにも比較的強く、丈夫な身体を持っているので、さほど病気の心配はいりません。ですが、手入れを怠って不潔な状態にしていると皮膚病になる場合もあります。ブラッシングはきちんと行いましょう。また、最近では寿命が延びてきていることから、老犬になると痴呆を発症する個体が他の犬種に比べて多いようです。若い頃から適度な運動とバランスの良い食事を心掛け、病気を未然に防ぎましょう。また、耳に疾患が出やすいので注意が必要です。他に気を付けるべき病気は、乳び胸、甲状腺機能低下症、突発性前庭疾患などです。

初めての犬
~犬初心者のあなたに~

初めての犬~犬初心者のあなたに~ イメージ