キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

名前からも気品漂うキャバリア・キングチャールズ・スパニエルは、イギリス原産の小型犬です。日本でも多く飼われている犬種で、人懐っこい性格が人気となっています。頭もよく覚えが早いので、しつけのし甲斐もあり、とても飼いやすい犬種です。好奇心旺盛で友好的なので、お散歩中にも他の犬にどんどん話しかけに行くため、お友達が増えやすいのも魅力かもしれません。一日中見ていても飽きないほど表情豊かでかわいい犬です。

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルについて

キャバリア・キングチャールズ・スパニエルは、イギリス産の小型犬です。スパニエル種の一つで、日本ではキャバリアと略されて呼ばれています。名称の「キャバリア」は、騎士という意味で、その名の通り騎士らしく雄々しい品格を持つ犬です。「キャバリア」には、騎士道精神の持ち主、特に女性への礼を尽くす男性という意味もあります。「キングチャールズ」は、イングランド王チャールズ1世・チャールズ2世がこの犬を溺愛していたことに因んでいます。長らくイギリス王室では小型のスパニエルを愛玩犬として飼っていました。18世紀になるとスパニエルに変わってヨーロッパでは短吻種の犬が流行しました。その影響を受けてパグや狆などと交配が積極的に行われ、現在のキング・チャールズ・スパニエルが生まれました。このためキング・チャールズ・スパニエルはマズルが潰れている個体が多いのです。しかし19世紀のはじめになると、チャールズ2世時代の絵画を見たアメリカ人、ロズウェル・エルドリッジが、キング・チャールズ・スパニエルよりもマズルの長い小型のスパニエルを見つけ、その姿の復活を求めて25ポンドという当時としては莫大な懸賞金をかけました。その結果、ブリーダーたちは競って、キング・チャールズ・スパニエルから時折産まれる先祖返りしたタイプの個体を基に、ついにチャールズ2世時代の絵に近い個体を固定化させることに成功しました。これが「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」です。1960年代にキャバリアがイギリス王室で再び寵愛されるようになり、それ以降は高い人気を誇っています。

身体の特徴

基となっているキング・チャールズ・スパニエルよりやや体格が大きく、マズルが長いのが特徴です。また、眼と鼻の位置が離れていて、耳に長い飾り毛があります。まん丸の眼と垂れた耳が愛嬌のある表情を作り出しています。絹糸のような被毛を持ち、生後2~3年目程度から飾り毛が足・耳・胸などに発達します。小型犬なので成犬になっても体高は30㎝~33㎝、体重は5㎏~8㎏にしかなりません。ボディはしっかりと引き締まっていて、尻尾は自然に垂れ下がっています。被毛は真っ直ぐまたは適度にウェーブしていてとても綺麗です。毛色は、白地に赤褐色の斑点がある「ブレンハイム」、赤褐色と黒と白の三色が混ざった「トライカラー」、黒と赤褐色の「ブラック・タン」、赤褐色だけの「ルビー」の4種類が存在します。

性格

キャバリアはとても人懐っこく、明るくて社交的な犬です。初対面・知り合い関係なしに誰にでも愛嬌をふりまくので番犬には向いていません。とても活発かつ甘えん坊なので、飼い主のそばを離れようとせず、トイレに行くのにもついて来たりする可愛いところがあります。とても穏やかな性格で、ちょっと嫌なことがあっても根に持ったりしないので、子供やお年寄りと一緒でも心配いりません。環境への順応性も高く非常に飼いやすい犬と言えるでしょう。ただし、キャバリアのそんな性格に甘え、きちんと躾けなかったりあまり世話をしなかったりすると、いたずらをしたり我儘な性格になってしまうこともあるので、躾はきちんと行いましょう。キャバリアの躾けはたっぷりコミュニケーションを取ることと、誉めて伸ばすことがポイントです。頭がよく、もの覚えが早いので、ゆっくり語り掛けるようにすると、人間の言うことをきちんと理解してくれます。好奇心旺盛で遊び好きなので、沢山遊んであげる時間をとりましょう。

飼うときの注意

日頃のお手入れ

キャバリアは被毛が長いため、抜け毛が多いです。絹のような美しい容姿を保つためにも、小まめにブラッシングすることが大切です。シャンプーは1ヶ月に1回程度、やさしくマッサージするように行うといいでしょう。被毛が長いので、しっかりとすすぎ、タオルでよく拭いてドライヤーで乾かしてください。シャンプーはやりすぎると皮膚を傷めることに繋がるので、少しの汚れだったら濡らしたタオルで拭き取るなどして対応しましょう。遊び好きな犬ですが、日向ぼっこで静かに1日を過ごすこともできる落ち着いた性格をしているため、それほど多くの運動は必要ありません。ですが、ストレス解消のためにも1日30分くらいの散歩はしてあげましょう。食欲・好奇心ともに旺盛なので、散歩の最中は拾い食いに注意してください。垂耳は中が汚れやすいので、定期的に耳掃除をしましょう。友好的な犬なので、他の犬と沢山交流させることで益々明るい性格になり、キャバリアの良さが引き出せると思います。

気を付ける病気

キャバリアはもともとは丈夫な犬ですが、遺伝的に心臓疾患を持っている個体が多い犬種でもあります。高齢期になると心臓の病気が出てくることが多いので、こまめに動物病院へ行き、定期健診を受けるようにしましょう。また、キャバリアは品種改良の結果、頭がい骨が濃の大きさに対して小さくなってしまった為、脳脊髄液の流れが阻害されやすく脊髄空洞症にもなりやすい犬種です。他の犬種では珍しい病気ですが、キャバリアでは90%以上の割合でこの病気を持っているとの調査もあります。しかし、実際に症状として現れることは少ないので、あまり気にしすぎる必要はないでしょう。また、高齢期に腎臓の機能が低下しやすく、肺に腹水が溜まったり、咳が止まらなくなるなどの症状が現れる場合があります。ほかにも外耳炎や目のトラブルも少なくないので気をつけましょう。また、食欲旺盛で肥満になりやすい体質なので、適度な運動とバランスの良い食事を与えるようにしましょう。

初めての犬
~犬初心者のあなたに~

初めての犬~犬初心者のあなたに~ イメージ