初心者向けの犬種:シーズー

先述したように、犬種によって犬は性格や性質が異なります。犬を飼ったことがない初心者の方でも比較的飼育しやすい犬種は、お手入れが簡単なこと、病気に罹りにくいこと、ある程度知能があることなどが条件になってきます。それらを踏まえたうえで、お勧めの犬種を紹介していこうと思います。まずはシーズーです。小型で人懐っこく、運動量もそれほど必要ないので、集合住宅で暮らす方やお年寄りなどでも飼育しやすい犬種です。

シーズーについて

シーズーは、チベットで魔除けの効果があるとされていたラサ・アプソという犬とペキニーズを掛けあわせてつくられた小型犬です。「獅子狗(シーツーコウ)」と呼ばれ、清朝末期の宮廷や貴人たちの間で飼われていました。「獅子狗」は中国の空想上の動物であり、神聖な生き物だと認識されていたので、シーズーも非常に大切に育てられていたのだそうです。そのため中国では何百年もの間、王宮のシンボルとして人々に愛されてきました。神聖な生き物であるシーズーは、門外不出だったのですが、1930年代に初めて海外に渡ります。イギリスからアメリカへと輸出され、第二次世界大戦中に「金魚のように動く犬」として人気を集めました。チベットや中国で生まれたシーズーは、革命時代にほとんど殺されてしまったため、現在のシーズーはイギリスに渡った個体の子孫であると言われています。

身体の特徴

元々チベット高原原産の犬など寒冷地の犬を先祖に持っているため、下毛が密生しているのが特徴です。顔を覆いつくす長い被毛はシーズーならではです。また、四肢の毛はモコモコで、防寒ブーツのような役割を持っています。毛色は日本では茶色、又は黒と白の2色の個体が多いですが、毛色に関係なくシーズーと認められています。おでこやシッポの先端に白が入った個体は珍しいので人気が高い傾向にあります。身体は小さく、成犬でも体高は20㎝~30㎝、体重は5㎏~8㎏前後にしかなりません。大きくてクリクリした瞳と、あちこちにはねた鼻の周りの毛が特徴で、菊の花のように見えることから、「クリサンセマム・ドッグ」とも呼ばれています。頭部はライオン、骨格は熊、足はラクダ、歩き方は金魚と例えられることもあり、小柄な体格ながら骨格はしっかりしています。ポテポテと歩く姿が可愛らしく、表情豊かなシーズーは日本だけでなく、世界各国で愛されています。

性格

もともとペキニーズの血が入っているため、ペキニーズと同じく陽気な性格をしています。作業犬や狩猟犬ではなく愛玩犬として飼育されてきたため、人懐っこく、感情表現が豊かです。社交的で無駄吠えもしないので、集合住宅などでも問題なく飼えると思います。温和で愛情深く、優しい性格なので、子供と一緒でも安心です。また、賢く誇り高い性格でもあり、飼い主の心の変化を敏感に感じ取ることが出来ます。反面頑固な一面もあるため、しつけには根気がいる場合もあります。落ち着いている時はとても穏やかに静かに過ごし、遊びの時には元気いっぱいに全力で遊ぶというように、メリハリがはっきりしていて、自分でコントロールできるので、とても飼いやすいです。飼い主の話を聞くときに小首を傾げるようにする仕草はとても可愛いですよ!

飼うときの注意

日頃のお手入れ

シーズー最大の特徴である長い被毛は、ある程度入念なお手入れが必要です。抜け毛は少ないのですが、シーズーの毛は長いだけでなく柔らかくまたダブルコートなので、毛玉ができやすいため、毎日ブラシでとかしてあげる必要があります。また、月に1・2回はシャンプーした方がいいでしょう。お手入れが大変という場合には、全身の毛を短くトリミングするとお手入れしやすくなります。いずれにせよ専門のトリマーさんにお願いして月に1度はトリミングしてもらいましょう。目が大きいので、その分傷つきやすく、涙やけをしてしまうことも多いです。ですので特に目の周りは1日に数回清潔なぬれタオルなどで優しく拭き取ってあげるようにしましょう。被毛が眼球を傷つけることもあるので、目の周りの毛には気を付けておきましょう。たれ耳の中は汚れやすいので、定期的に耳掃除を行うといいと思います。元々室内犬なので、運動は室内での自由運動で問題ありません。散歩は毎日する必要はありませんが、気分転換やストレス発散になるので、二日に1回位のペースで連れて行くようにしましょう。シーズーはチベット原産のため、寒さには強いですが、暑さには弱いです。夏のお散歩などは、日中は避け、早朝や夕方などなるべく涼しい時間帯を選んで行うようにしてください。また、夏場は室内でもクーラーは必須です。

気を付ける病気

シーズーは目が大きく顔の毛が長いため、眼に毛が入って角膜を傷つけてしまったり、眼疾患の原因になることもあります。短くカットしている場合でも、毛の伸びるスピードが速いので、常に目に毛が入ったりしていないか気にしておくようにしましょう。頭頂部の毛はリボンで結ぶなどして目にかからないようにしておきましょう。かかりやすい病気としては目の関係、白内障や色素性角膜炎、緑内障、流涙症などがあります。その他気を付けたい病気は、血小板減少症、免疫介在性溶血性貧血、軟口蓋過長症、短頭種症候群、腎異形成、家族性腎疾患、尿石症などです。また、呼吸器疾患やアレルギー性皮膚疾患にも注意が必要です。

初めての犬
~犬初心者のあなたに~

初めての犬~犬初心者のあなたに~ イメージ